年齢別エストロゲン減少の症状

月曜日 , 14, 11月 2016 年齢別エストロゲン減少の症状 はコメントを受け付けていません。

更年期障害とは熟年期と老年期のあいだの年齢の女性に現れる症状です。
女性特有の身体の変化や不調が起こります。
この変化に大きく関係がある物質がエストロゲンという女性ホルモンです。
エストロゲンは卵巣機能が老衰することにより、分泌される量が減少します。
年齢とともに生殖に関連する卵巣機能が退化するため、45歳ぐらいの年齢になると症状が起こり始めます。
更年期障害の症状には、めまいや血圧の上下が挙げられます。
また、だるさやいらつきといった精神面での症状も見られます。
これらの症状の治療には、よくエストロゲン注射というホルモン療法が用いられます。
ただし、静脈炎や子宮内膜症などの方は、症状を悪化させる可能性があるため、投与を控える必要があります。
また、若い年齢の女性にもエストロゲンの減少は起こります。
その理由は、過剰なダイエットによって栄養不足になっていたり、ストレスによるものです。
これは若年性更年期とも言われています。
改善には規則正しい生活や、バランスの良い食事が必要です。
大豆食品などに含まれるイソフラボンの摂取により、エストロゲンと似た効果を得ることができます。
身体に負担がかからない、無理のない治療による改善が必要です。